[白鯨]ハーマン・メルヴィル[バートルビー]

1 :吾輩は名無しである:2011/01/08(土) 10:22:49 .net
アメリカ文学の巨人のスレッドがしばらくなかったので立てておく。

2 :吾輩は名無しである:2011/01/08(土) 11:31:55

クジラとイルカの肉が美味そうです。

3 :N ◆.a7VUr.VD. :2011/01/08(土) 11:42:27

「白鯨」にアメリカ文学の正典的作品については、E・サイードが作者の伝記、当時の社会
アメリカの文学史的伝統、文体分析など多角的な観点から詳細に論じているな。

4 :吾輩は名無しである:2011/01/08(土) 11:45:16

カミュも「手帖」で取り上げてる。

5 :N ◆.a7VUr.VD. :2011/01/08(土) 11:46:26

>>3の冒頭、「白鯨に」ではなく、「白鯨という」だ。

6 :吾輩は名無しである:2011/01/08(土) 11:51:40

のっけから古今東西のクジラについての文献を
並べ立てる叙事詩的大作な。

アメリカでは禁書(笑)扱いなので、日本人が
読んでやるべき。

7 :吾輩は名無しである:2011/01/08(土) 12:11:30

>>3
サイードの論考タイトルは

8 :N ◆.a7VUr.VD. :2011/01/08(土) 12:15:42

>>7
「『白鯨』を読むために」

9 :N ◆.a7VUr.VD. :2011/01/08(土) 14:28:27

>>4
カミュは「白鯨」について、どんなコメントをしてるんだろう。

10 :吾輩は名無しである:2011/01/08(土) 14:32:21

目の作品、だったかな。叙事詩的だからか知らん。

11 :吾輩は名無しである:2011/01/08(土) 14:34:42

あ、フランス語版の序文はカミュが書いてるのかな。

12 :吾輩は名無しである:2011/01/08(土) 18:56:49

19世紀は『白鯨』の時代
20世紀は『バートルビー』の時代
21世紀は『ピエール』の時代

13 :吾輩は名無しである:2011/01/08(土) 19:25:04

「白鯨」が評価されたのは、死後、三十年ほどしてな。

エイハブ船長の片腕は一等航海士スターバック。

うんうん。

14 :吾輩は名無しである:2011/01/08(土) 19:46:59

再評価の火を付けたのが

「ハーマン・メルヴィル 〜 航海者にして神秘家」

という伝記らしい。良いぞ良いぞ。アメリカを代表する傑作小説だ。

15 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 01:02:05

『白鯨』は今読むと、おっそろしく古臭い印象を持つが、19世紀にこの小説が
発表された時点でもそれは同じで、当時は見向きもされなかった。
その後も、結局メルヴィルは評価されず、専業作家として生きていけなくなり、
他に職を求め、ひっそりと生活していった。そして、死後数十年経ち、
その作品の真価がようやく認められ、文学史に燦然とその名を記した。
これぞあるべき作家の生涯ではないかと思うな。

16 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 01:42:45

一世代で?
知能って遺伝するんじゃないの。

17 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 02:07:05

エイハブ船長の船のマストは、難破したときに
接岸した日本の浜辺で伐採したもの。

うんうん。

18 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 18:28:19

バートルビーはブランショやアドルノだっけが論じていたりして意外と重要な作品

19 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 18:45:48

意外でも何でもなく重要な作品だよ。メルヴィルの人間観、世界観がここに詰まっていいる。

22 :吾輩は名無しである:2011/01/11(火) 18:59:58

ビリーバッドの新訳どうなの?

21 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 20:27:48

今年はメルヴィルの詩集を読みたい

20 :吾輩は名無しである:2011/01/09(日) 19:59:10

はいはいバートルビーって感じで思想系っぽい読解が多すぎるけどな

23 :吾輩は名無しである:2011/01/12(水) 01:12:40

>>22
旧仮名のやつ?

24 :吾輩は名無しである:2011/01/12(水) 17:18:28

そうです。岩波が品切れなのでそれしか手に入らないんですけど胡散臭くて・・・。

25 :吾輩は名無しである:2011/01/13(木) 00:20:32

見たことないな。出版社どこ?

26 :マグナ ◆i.K3ZM.pZo :2011/01/13(木) 00:28:25

留守というのは松原正の弟子らしいな。つまり福田恒存の孫弟子に当たる訳だ。

27 :吾輩は名無しである:2011/01/13(木) 00:30:04

ビートルバーの副題が「ウォールストリート物語」なのな。

28 :吾輩は名無しである:2011/01/15(土) 02:18:47

だから、何?

29 :吾輩は名無しである:2011/01/15(土) 02:19:28

ヲ?

30 :吾輩は名無しである:2011/01/15(土) 06:13:42

I would prefer no to . . .

31 :吾輩は名無しである:2011/01/15(土) 11:51:44

そう、それが絶妙な効果を生んでいる。

32 :吾輩は名無しである:2011/01/16(日) 19:33:21

すこし値は張るが
ジル・ドゥルーズ『批評と臨床』(河出書房新社 3500円・本体)のなかの
「バートルビー、または決まり文句」(第10章)を図書館ででもぜひ読んで欲しい
おれはこれを読んでメルヴィルに目覚めたんだ
もう一冊あげれば、ジョルジョ・アガンベンの
『バートルビー 偶然性について』(月曜社 2400円・本体)
ここには『バートルビー』の全訳も載ってる
なんにしろメルヴィルは美しいね
既出ならスマソ

33 :吾輩は名無しである:2011/01/16(日) 20:51:07

おまえみたいな奴のせいでうんざりだよ…
初期の海洋小説も読めよ

34 :吾輩は名無しである:2011/01/16(日) 21:11:51

>>33
おれがなにを読んだかも語っていないのに・・・
もうすこしお手柔らかにたのむぜ
海洋小説といえば『白鯨』と『ビリー・バッド』だけじゃだめなのかな?
洋書もふくめて10冊くらいはなけなしの金で仕入れたんだ・・・

35 :吾輩は名無しである:2011/01/16(日) 22:07:17

>>34
思想系のマニアって、読み方が単調なんだよね…
『タイピー』とかあの時期の作品は読まなさそうなのが明白

つかドゥルーズが好きならむしろ『ピエール』を語れよ
あと『信用詐欺師』だろ…

36 :吾輩は名無しである:2011/01/16(日) 22:22:45

>>35
おお!
ピエールは原書を買って、まだというか、もう読めないかな?
訳書は手に入らなかった(カラックスの『ポーラX』の元ネタということも知ったよ)
『信用詐欺師』は読んで驚いたよ
うろ覚えだが、この脳の構造をしてしかも『バートルビー』に行き着くとは! と
もちろん必然かもしれないけれど
だからなおのこと好きになったよ

37 :吾輩は名無しである:2011/01/16(日) 23:00:25

I would prefer not toオタはかんべんってことな

38 :吾輩は名無しである:2011/01/26(水) 12:20:00

バートルビー、昔どこかの文学全集の英米短編傑作集で読んだが、面白かったなあ。
例の決めぜりふの岩波文庫の訳が失笑ものだった記憶もある。

39 :吾輩は名無しである:2011/01/29(土) 22:09:24

「ぼく、そうしない方がいいのですが」

44 :吾輩は名無しである:2011/02/02(水) 03:12:45

『マーディ』を語れ。

48 :吾輩は名無しである:2011/02/05(土) 19:29:25

メインは食いつくした。あとは周辺をね。

49 :佃煮マニア:2011/02/05(土) 19:46:59

そういえば、白鯨って食べ物の描写が秀逸じゃないですか?
漁師達の憩いの場である海鮮シチュー屋で運ばれるシチューの湯気やら濃厚な味わいやら、
それをむさぼり、飲み下し、皿ごと平らげる客達の動作やらが絶妙に描かれていて、
読んでいてお腹が鳴るほどでした。次の日海鮮シチューの材料を求めにも行きました。
映画版ではシチュー屋の様子が省略されてしまってとても残念だったのを覚えています。

53 :吾輩は名無しである:2011/02/07(月) 02:09:56

To KIll a Mockingbird、でした。

(西部開拓史のチャラ男役もよかったね。)

58 :吾輩は名無しである:2011/02/21(月) 15:29:52.80

バートルビーの仕事って郵便局の夜勤みたいな感じ?

66 :吾輩は名無しである:2011/03/06(日) 00:17:35.58

初期の『タイピー』『オムー』の頃は実話に基づいたリアリズム小説で、
それなりに人気を博したが、だんだん作風が思索的、厭世的に変わっていき、
『ピエール』『詐欺師』になると、読者からはまるでそっぽを向かれてしまった。
『白鯨』はちょうどその中間点にあり、絶妙なバランスを保つゆえに
メルヴィルの最高傑作となった。

88 :吾輩は名無しである:2011/07/22(金) 11:03:24.54

>>87
読み聞かせると育児と読書が一手間で済むのでは。

142 :吾輩は名無しである:2012/03/14(水) 17:17:00.26

早く白鯨読みたい
いまやっとマーディー読んでる

192 :吾輩は名無しである:2013/10/10(木) 20:06:20.99

ついでに言うと、たぶん第一章Loomings自体が、後から書き加えられたもので、
はじめは第二章でマンハッタン島からニューベッドフォードへ向かうところから始めるはずだったのではないかと思われる。
根拠としては、昔のペンギン版の註でHarold Beaverがこの章について
This is the overture–the prelude to sound all the main themes, and keys, and shifts of key, on which the rest of Moby-Dick will play its prolonged and fugal variations.
と述べている通り、この章にはその後の作品の重要なテーマがかなり盛り込まれているから。
たぶん作品をある程度書き進んで、エイハブの悲劇などの構想も持った上でないと、あの第一章は書けないだろうということ。

218 :吾輩は名無しである:2014/01/19(日) 13:06:12.71

『ピエール』は邦訳より原文の方が解りやすいのではないかと思います。
注釈があるのはありがたいですが。

300 :吾輩は名無しである:2015/05/12(火) 04:30:27.25

メルヴィルの生涯について考えると、よく自殺せずに死ぬまで書き続けたことに
深い感動を禁じ得ない。
あれだけ才能があって、アイデアもあった人が……
強靭な精神の持ち主だったんだろうな。

523件をまとめました。
最新情報はこちら



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク